• 特集・記事
  • キヤノンフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5/R6」のご予約を承っております

特集

キヤノンフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5/R6」のご予約を承っております

2020.07.29

関連記事

    新宿 北村写真機店では、Canon(キヤノン)から新発売されるフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5/R6」のご予約を承っております。ご予約特典もございますので、ぜひご予約ください。

    EOS初のボディー内5軸手ブレ補正の搭載や、新開発のCMOSセンサーの搭載でさらに進化した「次世代のEOS R」

    EOS R5(ボディー):2020年7月30日発売予定

    EOS R6:2020年8月下旬発売予定
    ※24-105レンズキットもございます

    EOS R5 / R6共通の特徴

    ボディー内に5軸の手ブレ補正機構を搭載

    EOSシリーズ初となるボディー内5軸手ブレ補正機構(IS)を搭載。手ブレ補正機構が搭載されていないレンズでも5軸の手ブレ補正効果が得られ、より快適に撮影がしやすくなります。

    さらに手ブレ補正機構を搭載したRFレンズとの組み合わせでは、最大8.0段分の手ブレ補正を実現。暗所での撮影や三脚・一脚が使用が難しいシーンなどの手ブレが起こりやすい環境でも、より手ブレの少ない写真が撮れます。

    人物だけでなく、動物の瞳も検出するAF

    新CMOSセンサーの高速信号読み出しと新映像エンジンによる「デュアルピクセルCMOS AF II」を搭載。
    人物の瞳や顔、頭部検出は「EOS R」と比較して、小さな瞳や横顔の検出する性能がさらに動物(犬/猫/鳥)の瞳や顔、全身の検出もできるようになり、動きの不規則な動物もより撮影しやすくなります。

    EOS R5の特徴

    高画素と高感度耐性を実現

    新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーは有効約4500万画素の高画質に加え、幅広いダイナミックレンジにより、ハイライトからシャドーまで滑らかな階調表現が可能です。
    静止画の常用ISO感度は100-51200 と、光量の少ないシーンでも撮影がしやすくなります。

    ※拡張で使用の場合はISO50相当(L)-102400相当(H)

    連写性能が向上

    電子シャッター使用時は、AF / AE追従の最高約20コマ/秒を実現。メカシャッター/電子先幕使用時は最高12コマ/秒の高速連写で動きの速いサンプリングもより撮影しやすくなります。

    世界初となる8Kが撮影可能な動画性能

    EOS R5は世界初の8K / 30Pの動画の撮影・内部記録が可能。4Kでは120Pの記録や、クロップなしの4K30P記録など、あらゆる映像表現が可能になります。

    EOS R6の特徴

    102400までの常用ISO感度で暗所や動画も撮りやすい

    EOSのフラッグシップ「EOS-1D X MarkIII」に搭載した35mmフルサイズセンサーをベース
    にEOS R6用にカスタマイズされたセンサーを搭載、常用ISOは最高102400 と高感度耐性にも優れており、動画撮影時も常用ISO51200が使用できるためより快適に撮影が可能です。

    ※最大ISO204800相当まで拡張可能

    SDカードのWスロットを搭載

    記録メディアはUHS-IIに対応したSDカードのWスロットを採用。
    どちらのスロット
    でも最高約20コマ/秒の連続撮影、4K / 60P動画の内部記録が可能になりました。


    また、静止画や動画の振り分けやメディア間の画像コピーも可能です。

    【ご予約特典】EOS R5 / R6ご購入時、対象機種を高価下取りいたします

    ご予約特典として、EOS R5 / R6をご購入時に以下のカメラを下取りに出して頂くと、店頭の買取査定額より20%UP下取りいたします

    関連記事

      Share

      FacebookTwitterLine

      北村写真機店の最新情報をお届けしています

      あわせて読みたい