イベント

藤里一郎×夏目響 写真展「OneDay」

2021.10.14

関連記事

藤里一郎 氏の写真展「藤里一郎×夏目響 OneDay」を2021年11月3日(水)~11月17日(水)の期間に開催いたします。

藤里一郎×夏目響 写真展「OneDay」

写真家の藤里一郎 氏による写真展 "藤里一郎×夏目響「OneDay」" を2021年11月3日(水)~11月17日(水)に当店6F Space Lucidaにて開催いたします。

会場内には藤里一郎 氏が普段から愛用し、OneDayの撮影でも実際に使用した富士フイルムX100Vの実機展示や、写真集「Intangible」の販売もいたします。

-"OneDay"について

このシリーズは、自身のYouTubeチャンネルの中でのコンテンツを充実させる目的と、また一つのメディアを個人が持つことでより多くの何かをすぐに伝えられるに違いない、そう思い、One Dayを立ち上げました。

モニタで見せる「写真の様なもの」の連続を、軽いタッチのスライドショー動画として魅せていく新しい作品の形態になるのではないかという考えがありました。

昨今のスマホ完結時代に気軽にサッと観られる様、編集マンの中村大当たり氏の協力で創り始めました。藤里の良き理解者である氏が物語を紡ぎ、また全編集をもしてくれた事でこの世界観をしっかりと捉えつつ、メッセージ性を兼ね備えた作品となっています。

この写真展では「写真の様なもの」を画面から飛びださせ、あえて『写真』として蘇らせる事にしました。僕らが写しているものは、やはり写真なのだから。

そこで選んだのはシリーズ全7作の中、女優・夏目響さんとのOneDayでした。『あの日、あの世界』の記憶の記録である『写真』が、観る人を前にうんと広がりを魅せてくれることでしょう。

本来写真があるべき姿として生き続けられますように・・・。どっぷりと、しっとりと。多くの皆様がOneDayに浸ってもらえたらうれしく思います。  

写真家・藤里一郎

写真家 藤里一郎(Ichiro Fujisato)

1969年生まれ。
男っぷりのよい写真、色香あふれる写真を撮る当世一“Hip”な写真家。
東京工芸大学短期大学部卒業後、大倉舜二氏に師事、96年独立。
以降フリーランス。

アーティスト“May J.”のコンサートツアー・オフィシャルフォトグラファーとして活動するほか、人気作家・“伊坂幸太郎”の「死神」シリーズのカバー写真をてがける。

2018年度、カメラ雑誌「月刊カメラマン」40周年記念年の表紙を1年間担当し、また、2017~2018にかけてラジオパーソナリティとしての経験も持つ。

書籍として日本写真企画刊「ポートレイトノススメ」も出版している。

夏目響(Hibiki Natsume)

2020年4月23日 
SOD Starとしてデビュー。

SODクリエイト2020年2月発売の作品への特典付録DVDでプレデビュー。出演者名表記は「名前はまだない。」と匿名での作品出演。

同年5月1日に芸名が「夏目響」と発表。5月21日に「夏目響」の正式デビュー作としてDVD&Blu-rayで同時発売。

月刊FANZA発表「このAV女優がすごい!2020夏」新人部門3位獲得
現在はAV女優の他、モデル業など多岐に渡り活動をしている。

タイトル

藤里一郎×夏目響 写真展「OneDay」

会期

2021年11月3日(水)~11月17日(水) 10:00~21:00※
※ 店舗の営業時間に併せて、変更する場合がございます

会場

新宿 北村写真機店 6F Space Lucida

入場料

500円(税込)

関連記事

Share

FacebookTwitterLine

北村写真機店の最新情報をお届けしています