Nikon

FM3A Silver Body

価格目安:121,000円 前後

2001年7月発売。カメラの自動化技術が進む中「マニュアル機の存在意義」を問い直したニコン最後を飾るMFフィルム一眼レフカメラです。

世界初ハイブリッドシャッター搭載、ニコンが示した新時代のマニュアルカメラ

Nikon FM3Aは、「失敗のない自動化されたカメラ」が全盛の時代に、開発から「マニュアルカメラ」を再考したカメラで、自動化されたカメラの良さや手軽さも盛り込みつつも、伝統的な「サイズ感」と「デザイン」「飽きの来ない金属質感」、「撮影者を鼓舞するマニュアルならではの手間と苦労」を両立させたカメラです。
世界で初めてハイブリッドシャッターが搭載され、絞り優先AE時には電子式シャッター、マニュアル露出時には機械制御シャッターに切り替わるため、電池が無くなった時でも安心して撮影することができ、多様な撮影状況に対応できます。

例えば山岳写真を撮影するユーザーが、普段子どものスナップを絞り優先AEで撮影し、予備電池の入手が困難な山岳写真ではマニュアル撮影することもFM3Aは可能です。
自動化されたカメラと異なり、回路の電気使用量も少なく耐寒性の向上も見込めるため、予備電池の携行量も最小化できます。他にもファインダー内の露出計はFE系と共通である「追針式」を採用し、直感的に読み取りやすくなり、ファインダスクリーンは新しい技術導入で、明るさやピントのつかみやすさが向上しています。またDXコードによるフィルム感度自動設定も可能となり、まさに自動化されたカメラが全盛の時代に、ニコンが提案する「新時代のマニュアルカメラ」となりました。
しかしFM3A発売後、時代はデジタルカメラ全盛期へと移り変わり、2006年1月に発売から約5年という短い期間で生産を終了しました。

※ 中古商品のため、程度によって金額が異なります
  掲載後、販売済みの場合がございます

関連記事

Share

FacebookTwitterLine

北村写真機店の最新情報をお届けしています