ZUNOW

5cmf1.1 LEICA L-mount (earlier,later), CONTAX C-mount, Nikon S-mount

価格目安:6,930,000円 前後

1953年~1955年発売、製造本数不明

ZUNOW 1.1揃い踏み

戦時中の1943年(昭和18年)に日本海軍が帝国光学研究所(後のズノー光学)に製作を依頼したことにより研究がスタートしました。このレンズは設計に実に10年もの月日を要し、終戦には間に合いませんでしたが、1953年に発売されました。

初期型は新種ガラスを使わず5群9枚構成で最後部のレンズが丸く突き出されており、独特の存在感から通称「ピンポン玉」と呼ばれています。レンズ設計を担当したのはレンズ研磨の職人であった浜野道三郎氏。浜野氏が設計の試行錯誤のため書いた図面は数万枚に及ぶといわれています。

後期型は1955年(昭和30年)に日本光学工業から移った国友健司、八洲光学工業から移った藤陵厳達により設計変更され、後玉の出っ張りを解消した新種ガラスを3枚含む5群8枚構成となりました。

少数ながらCONTAX Cマウント、Nikon Sマウントも発売されており、この4種類が揃う様はまさに圧巻です!

※ 中古商品のため、程度によって金額が異なります
  掲載後、販売済みの場合がございます

関連記事

Share

FacebookTwitterLine

北村写真機店の最新情報をお届けしています

あわせて読みたい