富士写真フイルム

FUJINON 5cmf1.2 LEICA L-mount, CONTAX C-mount, Nikon S-mount

¥3,245,000

1954年頃発売、製造本数不明

フジノン大口径3マウントの競演

1953年(昭和28年)に帝国光学よりZunow50mmF1.1(ピンポン玉)が発売され、世界最高速のライカ
マウントレンズとして世界を驚かせました。

そこから日本のカメラメーカーの大口径レンズの開発競争がスタートします。
1954年にはヘキサノン60mmf1.2、そしてこのフジノン5cmf1.2が発売されました。
また2年後の1956年にはNIKONから50mmf1.1が発売されています。
ズノーがピンポン玉の使いにくさと、新種ガラスを多用したこのフジノン5cmf1.2の描写(レンズの映り)に圧倒され、 改良型の開発・発売(1955年)を進めていったのは有名なエピソードのようです。 

この50mmf1.2の設計は土居良一氏でゾリノン50mmf1.5を設計、試作し、4群8枚構成大口径レンズの特許を取ります。
その後新種ガラスによる9枚構成としたf1.2の試作を行い、50mmf1.2を完成させました。
初期型は6群9枚構成、後期型は6群8枚となっています。 

Share

FacebookTwitterLine

北村写真機店の最新情報をお届けしています

あわせて読みたい